あなたにあったFX業者



2180

2012/09/22



iPhone用キーボードケース。

最近、amazonのタイムセールを
良くチェックしています。

■Amazon.co.jp: タイムセール
大してお得じゃないものが
ほとんどなのですけど、
時々在庫処分的な価格で
出ていることがあって、
今回のキーボードケースも
1000円で出ていたので試しに購入。
結論から書くと「でかすぎるので常用はしないけど
選択肢としては有り。安いし」と言ったところでした。
詳しく書いていきたいと思います。






箱の裏はキー配列が見えるようになっています。





中身。

配列が独特で面白いです。






裏面。かなり分厚いです。






装着!

キーボードケースだけ渡されても
「へーうん」って感じなんですけど、
実際iPhoneに装着させたら
「うおおなにこれかっこいいよ!!」って
思ってしまうのはガジェット好きの性分かもしれないです。
かっしょんかっしょん出来てたのしい!!






端子は下側に全部まとまってます。

右から、充電用microUSB、コネクトボタン、オンオフスイッチ。

真ん中のコネクトボタンを押して、
BluetoothでiPhoneと接続します。





接続は割と簡単で、
ボタンを押してiPhoneのBT画面から
keyboardと表示されてるものを選択、
画面に出てきたランダム4桁数字を
キーボードから入力してエンターを押すと
ペアリング完了です。





まーこれが分厚いです。

先日紹介した■バッテリーケース
かなりでかくなるなぁって思いましたが、
厚さはそれ以上になります。

このキーボードはiPhoneの補助電源として
使えるわけではないので、扱いの判断が難しいかも。





難しいことに輪をかけてるのが
iPhone側のアプリ対応。

基本的にiPhoneは縦に使われることが前提で、
アプリ側も横表示に対応していないものがおおいです。
Twitterクライアントを7種ほど試してみたところ
以下のような感じになりました。

横表示対応
・ついっぷる
・TweetATOK
・TwitBird

対応してないもの
・Tweetbot
・Tweetlogix
・SOICHA
・Echofon

ガジェット界隈で人気のTweetbotや
Tweetlogixが対応していないのは残念ですが
愛用してる人も多いついっぷるは
横に出来るのでクライアントで
使い分けするのも有りかもしれません。

個人的に使用頻度の高い
「Tweetbot」「Tweetlogix」
「Echofon」が全滅なのはちょっと痛い!





書き込みの時だけ
横表示になるものもあります。

でも縦に横に忙しいので使いづらい!





先日紹介した、■するぷろというアプリ。
ブログの更新アプリなのですが、
こういったアプリでキーボードは
効果を発揮します。

ハードキーボードをつなぐと
いつも画面に出てくる
ソフトキーボードの表示がなくなります。

画面の半分を占めるソフトキーボードが
なくなると、簡単な話、今までの倍に画面が広がります。

Twitterくらいの短文であれば
狭い画面でも文章の確認は出来るのですけど
メールやブログくらいに長い文章になると、
全文を確認するのに小さい画面では
作業効率がものすごく落ちてしまいます。

そういった意味では、
「入力にハードキーボードを使う」
というより、
「画面を広く取るためにキーボードを外へ出す」
というイメージで使用を考えるのは
悪いアプローチではないな、と思います。





加えて、特殊キーの存在です。

これが個人的にすごく面白くって、
例えば音楽の再生、早送り巻き戻し、音量の調整などの
機能がキーに割り振られていて、
なかんずく「ホームキー」が独立して
設けられているのは、とてもすばらしいです!!

これ、触ってみて思ったのですけど、
iPhoneのホームキーって
1年もすると接触が悪くなって
かなり致命的に使用感を下げるじゃないですか。
例えばバッテリーケースなんかにホームボタンキーが
1個だけ付いてくれれば、それだけで
そのバッテリーケースを選ぶ意味が出てくると思うんです。
「バッテリーがへたってくるのと
ホームボタンがへたってくるのってほぼ同時」なのに
ホームボタンだけ救済措置が取れないのはきついです。
そういった意味でもホームキーが独立してあるのは
すごく良いことだ!と猛烈に思ってしまいました。

ちょっと話はそれてしまいましたが
キーボードは独特の配列ではあるものの
個人的には結構使いやすいです。
Shift+矢印キーで文字を選択出来たり
?キー+Cでコピー、Vで貼り付け、Xで切り取りなど
タッチパネル上では操作がやや面倒くさいものも
ショートカットで対応出来るので
入力にものすごく特化していて快適!
こういった面でも、長文を打つのにすごく向いています。

反面、キーが4段なのでfnキーとの同時押しの
ボタンが若干多く、そこだけが少し気になるところ。
これはiPhone本体自体の大きさを考えると
しょうがないことかもしれません。




iBUFFALO Bluetooth2.0 コンパクトキーボード iPhone4S/4 両対応 ケース一体型モデル ホワイト BSKBB07WH
■Amazon.co.jp: iBUFFALO Bluetooth2.0
コンパクトキーボード iPhone4S/4 両対応
ケース一体型モデル ホワイト BSKBB07WH

■ブラック BSKBB07BK

というわけで、キーボードケースでした。


メリット
・とにかく安い
・長文の入力が快適になる
・ある種、iPhoneが別デバイスに感じる良さがある

デメリット
・分厚い。ある種、iPhoneが別デバイスに感じる悪さがある


まとめると、以上のような感じです。

完璧に人を選ぶ使い方になるので
みんなに「オススメだよー!」とは言いにくいのが正直なところです。
なにより、ものっっっっっすごく分厚くなるのは
正直使う気をなくすくらいのデメリット。
でも長文を書くときの画面の広さは
すっごく使いやすいです。

「うんまぁハズレでも極端な話、
Bluetoothキーボードだから
PS3とかにつなげてリモコン代わりに使うか」
って考えていたりだったので、ケースの部分をもいで
てのひらキーボードとして他のデバイスと
リンクさせるのも有りかもしれません。

今は1800円くらいまで上がっているのですけど、
もとが7000円くらいの商品ですから
物自体はすごくいいので
気になる方は今の価格でも
全然安いと思います。

iPhone5が発売されて4/4s対応製品の
在庫処分が始まっているので
4/4s使ってる方には
■タイムセール
ちょっとオススメかもしれないです。

表ログ



Calendar
Calendar
Archives

Search This Site

Entries
Categories
suteki picture
link
Copyright
©2005 stick limited.
All Rights Reserved.

Serene Bach 2.20R