あなたにあったFX業者



2024


2012/1/14


ほとんさんに影響されて自分もルピシアの福袋購入したんですが、
ほとんさんは茶葉を袋のまま保管していますか?
それとも何か別の容器に移し替えて保存していますか?
自分は袋のままだとどうにも扱い辛い気がするんですが、
もしよければ参考までにお教え下さいませ。

あと自分はルピシアの茶こしマグを用いているんですが、
ほとんさんはちゃんとティーポットで煎じ出している派ですか?
ほとんさんのティータイム風景とかうpってくれると嬉しいです。
 
R-グレイブログ





雑然。

とまぁ、ごらんの通り
保存にはあまり気をかけていません。
体感なんですけど、クリップなんかで
口をきちんとふさいでいれば
2ヶ月くらいは味が落ちない気がします。
なるべく空気を抜いた方が良いみたいなので、
保存容器に移し替えたりはしないです。

けど、ガラス瓶なんかに入れると
茶葉がきれいにみえるので
これは好き好きかもしれませんね。

僕は常飲する茶葉がだいたい6種で
(普通の物2種、香り付き2種、ノンカフェイン2種)
ここにコーヒーが2種入ってくるので
うお8種類も使ってるのか!
意識してなかったですけど
結構並べていますね。
基本的に全部、福袋で
入手したルピシアの茶葉になります。
ほかは、セールなんかで買った
ほかのお店の茶葉を試してみたりです。

体質のせいか、日に2杯以上飲むと
手の震えや身体のガビガビ感が
止まらなくなるので、それ以上飲みたいときは
ノンカフェインのハーブティなどを飲んでます。
最近はストーブをつけてるので
お湯がいっぱい沸くので飲みたい放題!!

■JARDIN SAUVAGE

ハーブティと一口にいっても
すんごいいろんな種類があって
中には「うああ・・・」と
いうものもあったりするのですけど、
割と「フレイバードの紅茶に近いかな?」
という茶葉がジャルダンソバージュ。
この茶葉なら紅茶の代わりになると思います。

カフェインに弱い方や
妊婦さんにお勧めです。





さて!

ティータイム風景とのことで、
久々に茶器の紹介含めて
やろうと思います。3年ぶりくらい?
基本的に当時とあまり変わっていないです。
「手抜きを憶えた」くらいでしょうか。

ティーポットは手前が
■ルピシアのブラン
当時は白で食器をそろえていたので
ボーンチャイナにしようと
いろいろさがしたのですが、
ちょうど良いサイズがあまりなく
使いやすさと入手のしやすさで
こちらを選んだのを憶えています。

容量は2人分の500ml。
湯切れも良く、持ち手も握りやすくて
気に入っています。


奥のものは、先日なくなられた
柳宗理さんのティーポット。
デザインに惹かれて買ったのですが、
湯切れが悪く、注いでいると
紅茶が伝ってこぼれてしまい
見目が悪いので、あまり出番がありません。
でも、容量が1400mlほどあるので
4人以上の場合は大活躍してくれます!
だので、ほぼ来客用といった感じですね。
余談ですが、引っ越してから一度も
4人以上うちに人がきたこと無いです。





ルピシアのティーフィルター。





このくらいの大きさで。





こんな感じで使います。

ここに茶葉を入れれば
時間が来たら取り出せるので、
茶葉を入れたまま渋くなることが無い
といった代物です。

160円と比較的安価なので
3,4個買ってきてストックしています。

基本的に破けさえしなければ
ずっと使えるものですが、
色などが気になり始めたら
変える物なのかもしれません。
僕はよくわからないので、
味が変になりさえしなければ
ずっと使っていたりです。

ティーポットは、茶葉を入れてお茶を出すポットと
移し替えて人前に出す用のサービスポットの
二つを使うのが普通みたいなんですけど、
そんなティーパーティなんてする階級でもないので
このフィルターを使って便利にお茶を楽しんでいます。
ただ、ティーポットを移し替えることで
温度が適度に下がってくれるので
飲みやすくなっていいなぁとも思います。
紅茶は特に淹れたてだとすごく熱いので
移し替えも結構実用的ですね。

■オリジナル・ティーフィルター小 9.5cm
■オリジナル・ティーフィルター大 11cm

茶器に付いてるステンレス製なんかの
茶こしとの差としては、大きく作られてる分
割と茶葉が踊れる範囲があるので
比較的柔らかい味に仕上がる、ってところでしょうか。
紅茶の基本は「ポットの中で茶葉を対流させる」なので
その使い方にはあっていると思います。





最近のティーカップ。マグ。

最初は食器を白で統一しようと
うだうだやっていたのですけど、
コーヒーを飲むようになってから
「色があってもいいじゃない!」という
勢力がじわじわ増してきて、
その影響が食器棚に出てくるようになりました。

手前と左奥は、ガラス器。
プレゼントでもらったりしたもので
使い勝手がよく、ここのところ
毎日使っています。

右奥は、なんだっけ??
なんかアメリカのメーカーのもので
ドングリみたいな色合いが気に入って
買ってきたものです。

紅茶には白い器が良く合うので
左は紅茶用、色つきはコーヒー用って感じです。

透明ガラス製のカップなんかは
コーヒー紅茶選ばず綺麗に見えて
使い勝手も良いのでおすすめかも!

オスロ ティーカップ325cc 4個セット

こんな感じのものだと、
よくカフェでも使われていて
すごく綺麗だと思います。

カップに限らず、ガラス製品は
厚さのある物であれば
丈夫で、比較的安価、
見目も麗しいということで
僕はわりと好きだったりします。

安価、というのは「チープ」ということでなく
「コストパフォーマンスが良い」と
置き換えてもらうと伝わるかもしれないです。





さて、「最近手抜きを憶えた」と
かいたのですが、それがこのサーモマグ。

一昨年の冬に、気に入っていた
ガラスの一人用ポットを割ってしまって
「困ったなぁ」と困っていました。

すごく困っていたところ、
「そういえば、魔法瓶なら予熱がいらないから
直接茶葉いれたらそのまま出るんじゃね?」
と思いつき、早速その辺にあった水筒で実験。
割と美味しく抽出できたので
「こりゃいいや」と今に続いています。

紅茶を淹れる際の話なのですが、
最初に必ずティーポットを
熱湯で温める作業が入ります。

これはお湯の温度の関係で、
紅茶は95℃が一番
うまみの溶け出す温度とされていて、
ポットを温めずに淹れると
熱湯の温度が少し下がってしまい、
若干味のまろやかさが
無くなってしまうんですね。

ですので、ティーポットの予熱は必須なんですけど
お湯を入れてからポットが温まるまでに
少し時間がかかってしまったりして、
お湯も再沸騰させないといけないので
地味に手間がかかったり。
省略できたらそれにこしたことはないので
今はこれでやっています。

ただ、対流の関係で
「ポットは丸い方がよい」とされてるので
なかなか難しいですね。
僕は手間の省略を取って
対流を切っているかたちです。





さて、話が長くなりました。

こちらは福袋に入っていたアップルティー。
最近毎日これを飲んでいます。
香りが良くて、味もやさしいので
常飲するのにちょうどいいです。

定価で450円と割とリーズナブル。
今冬はこれを常備するか悩んでいるところです。





さらさらーっと。

あ、ティーキャディースプーンは
愛用の物を1つ選んだ方がいいです!

あまりルールには
こだわりがない方ですが、
これだけは固定した方がいいと思います。

決まったスプーンを使うことで
慣れてきたとき、スプーンにのった茶葉の量で
好みの味の濃さを調整できるようになります。
ですので、決まったスプーンを一つ選んで
ずっと使っていくと手早く便利に
お茶を取り出せると思います。

昔、百均で買ってきた容器に付いてた
スプーンを使って、茶葉を取り出していたのですが、
それを紛失してしまって、今のに変えた際
最初のうちは味が濃かったり薄かったり
ガタガタになってしまったりしたので
あ、意外とスプーンって大事なんだなと
うすらぼんやり考えたりしていました。
素早く茶葉の計量が出来るって大事です。





じょぼぼ。





蓋をします。

僕の場合は大きい茶葉は3分、
小さい物は2分といった感じで決めています。
いろいろ試したのですが、表示時間よりも
若干短い方が渋みが無くて美味しく感じました。
この辺は水質と好みの問題なので
参考程度にお願いします。





超竜神。





3分経ちました。

百均のカウントダウンタイマー、
すごく便利です。
キッチンに2,3個置いてます。





箸やマドラー、スプーンなんかで一混ぜ。
茶葉の周りに濃く出た分を
均等にならすイメージです。

1回以上混ぜると、えぐみが多くでるので
やさしく1回くらいがいいかなと思います。





じょぼぼ。





蓋をします。

これで完成!でもいいんですけど、
こっちのマグはティーポット代わりにしています。

ポットだと、冬場は割と紅茶が冷めやすくて
■ティーコゼー なんかを
併用しないといけなかったり
若干面倒くさい。

その点、サーモマグは保温性に優れているので
冬場は結構使いやすいです。

魔法瓶で出来た丸いティーポットがあれば
それが一番良いんですよね。
どこかから出てないかしら?

■蛙のティーコゼーの紹介
かわいい!!





というわけで、紅茶のお話でした。

ぐだぐだ書きましたけど、
自分が一番
美味しいと思う方法で飲んだら
それが最良の楽しみ方だと思います。
イギリスでも手軽さから
ティーパックの消費量の方が
多いそうです。
生活に溶け込むと
手軽で簡単って意外と大事ですね。

そんな感じで、紅茶の入れ方-僕の場合-でした。
ではまた3年後。


THERMOS 真空断熱マグ 0.28L クリアブラウン JCP-280C CBWTHERMOS 真空断熱マグ 0.28L クリアブラウン JCP-280C CBW

THERMOS 真空断熱ケータイマグ  0.35L JMZ-350 PTHERMOS 真空断熱ケータイマグ 0.35L JMZ-350 P

スーパーロボット超合金 超竜神スーパーロボット超合金 超竜神

お茶とか珈琲とか。



Calendar
Calendar
Archives

Search This Site

Entries
Categories
suteki picture
link
Copyright
©2005 stick limited.
All Rights Reserved.

Serene Bach 2.20R